(総合的な学習の時間)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  活動の内容
ってみる
ほっと館を訪問して、おじいちゃんやおばあちゃんに自己紹介をしたり、いろんなお話を しました。

なび合う

おとしよりが使いやすいように施設や道具に様々な工夫がされてるね。
(子どもたちが撮った写真です。)

く習を高める

学習を通して学んだこと(児童感想)
 バリアフリーはトイレや段差にかかわっていました。まず、トイレには足が不自由なお年寄りが使いやすい手すりがあったり、車椅子で入るときに通りやすいようにだんさがなかったりしています。しかし、使いやすいと言うだけではいいことはありません。バリアフリーの施設があっても、そのまわりにつくえやいすがおいてあると目の不自由な方や車椅子を使っている本当にその施設が必要な人にとって不便になることもあります。そのためには、便利な「物」だけではなく、人の思いやりが大切です。一人の力では何もかもはできません。みんなの力が大切だからこそ、人を思いやる気持ちが大切だと思いました。

WAKU WAKU SOGO
5年生