活動名   村たんけんをしよう!  (20時間)
自分たちの村を探検することを通して、村の人々との関わりを深め、自分の村に愛着を持つ。
・活動の内容
   まず、おすすめの場所を含めた校区地図を作った後、はじめてのたんけんなので、共通体験として郵便局、給食センターを訪問し、インタビューやあいさつの仕方まとめ方を学習した。
 その後調べてみたい所を自分たちで決め、JAつけもの工場、Aマート、産山保育園を訪問しました。
  それぞれのグループでインタビューをしているところです。
   Aマートでは、商品の流通について話していただきました。また商品の管理の仕方や店内を案内してもらいました。
 産山保育園では園児の活動の様子を見学したり、保育園のプール開きをいっしょに活動させていただきました。
  JAつけもの工場では施設内の大きな機械やその使い方、つけもののできる工程を説明していただきました。つけものを造る過程で衛生面に気をつけらえていることに、大変子どもたちは大変驚いていました。
  たんけんでは、はじめての歩いての校外学習で、安全に気をつけながら、自分たちでインタビュー先まで行きました。
 遠いグループでは30分かけて歩いたグループもあり、途中休憩しながら学習しました。
 
それぞれのグループには、担任や時間の空いている先生がつかれて、たんけんができました。
・活動の目標
2年の取り組み (生活科)
 Aマートにてインタビュー
保育園にてインタビュー
JAつけもの工場にてインタビュー