私たちの住んでいる産山では住民の30%の方が65歳以上の高齢者です。
これは3人に1人という全国でも非常に高い比率を表しています。

私たちの住んでいる町には「地域のお年よりは地域で見守る」という運動があります。
お年よりを大切にしたいみんなの気持ちと、子どもとのふれ合いを大切にしたいお年よりの気持ちがいっぱい合わさった暖かい運動です。

学校では総合的な学習として「福祉」への取り組みをあげています。
これは福祉を通して心優しい豊かな子どもに育ってほしいという願いを込めて、現在積極的に取り組まれています。

また、私たちが以前から行ってきた活動のひとつに「ふれあいポストカード」があります。
これは週に1度、おじいちゃんやおばあちゃんに、はがきを出して喜んでもらおうというものでしたが、実際に相手に会ったことがありませんでした。
そこで直接会って、お話をしたりふれあう活動をしてみたいという気持ちがありました。

以上の事から、子どもヘルパーが誕生しました。